toggle

手に余る文章

なんでもかんでも人のせいにすると楽ちんです。

IMG

景気が悪いのは総理大臣のせいだし、簿記の試験が難しかったのは出題者のせいだし、知事を辞めざるを得なくなったのは週刊誌の記者のせいだし、とにかくいろいろと人のせいにしてしまうと、そこで話が終わってしまうのです。

10万カラットぐらいのダイヤモンドが盗まれたとしましょう。そんでもって、怪盗なんちゃらから犯行声明が送られてくるわけですよ。名探偵が「怪盗なんちゃらめ!絶対にダイヤモンドは取り返してみせる!」と決意表明して、推理小説が始まるわけです。なぜに猫の子一匹入れない警備体制をかいくぐり、怪盗はダイヤモンドを盗むことができたのか?といった話から、どんどん話がふくらんでいくのですが、これを「犯人の怪盗が悪い。」と、人のせいにしてしまったら、それで話が終わりです。推理小説にもならない。人のせい小説にしかならないんですね。これではつまらない。

少女漫画でも一緒です。ヒロインが好きになった男が別の女の子を好きになってしまったとしましょう。「男が好きになった別の女の子が悪い」と人のせいにしてしまったら、そこで少女漫画としては終わってしまいます。どうして私に振り向いてくれないの?と自問自答したり、男が好きな別の女の子との友情で苦悩したり、そういうややこしい展開が少女漫画には必要になってくるのです。ポテトチップをかじりながら「あの女が悪いんや。」とぶーたれてる姿を見せられても、そんな話を誰が読みたいのかと。

つまり、人のせいにするのはよくないというか、そうかと言って、全てを自分のせいにしてしまうのも精神的によろしくありません。景気が悪いのは自分のせいだし、簿記の試験が難しかったのは勉強をしなかった自分のせいだし、知事を辞めざるを得なくなったのは自分のせいだしと、すべてを自分のせいにしてしまっては病気になってしまいます。

じゃあ、どうすればよいのか。どうもしません。そういうもんだと思うしかないのです。原因がわかってなんとかなるならなんとかすればいいし、原因はわかっていてもなんともならんのならなんともならんのだし、原因がわからなければ原因をさぐればいいし、さぐらなくてもいいし、なんとかしたければすればいいし、したくなければしなければいいのです。

と、なんとなく心の持ちかた入門みたいな文章を書いて、ちっとも大したことを書いてないのに、それっぽいことを訴えているように見せちゃったりなんかしてみたいな文章を書こうかと思って、じゃんじゃかキーボードを叩いてはみたものの、書けば書くほど、何がなんだかさっぱりわけがわからない文章になってしまいました。わからんついでに、ふと思いついたけど、どうにも手に余る文章が頭にあるので書いておきましょう。

「前向きに生きよう!元気で頑張ろう!」なんて前向きな言葉は、裏を返すと「お亡くなりにおなり!」と同義です。ちょっと丁寧に言ってる「死ね!」と、そんなに変わるものでもありません。前向きに生きること、元気で頑張ることが価値のあることだという宗教が与り知らぬうちに広がっているのです。こわいことです。

ね、手に余るでしょう。

LINEで送る
Pocket

ボーナスが立つ話

バブルの頃はボーナスが立った、なんて話を聞くことがあります。

IMG

昔は現金でボーナスをもらっていたようです。ただ、そんなところはあんまり問題ではありません。立つぐらいにたくさんもらっていたというのが問題なのです。問題というか、単にうらやましいというだけです。

とりあえず絵を描いて、文章を書いていったら話が膨らんでいくと思ったのですが、これがまた困ったことにぜんぜん話が膨らみません。昔は良かった的なことを書いても、大しておもしろくもありません。そもそも、バブルの頃は賞与もらうような年でもなかったので、立つぐらいのボーナスなんてもらったこともありません。

にがにがした話題でした。

LINEで送る
Pocket

Lサイズのジュースを買う時には気をつけましょう

なんばパークスの映画館で「あやしい彼女」という映画を見に行きました。多部未華子のババくさい動きや言動が愉快な実に楽しい映画です。それはそうと、映画を見るのに飲み物ぐらいは欲しいということになり、ジュースを買ったのです。MサイズとLサイズ、100円しか差がなかったのでLサイズを注文したところ、店員さんのアドバイス。

「ドリンクホルダーに入りませんが、構いませんか?」

なぜか、そんなことはないだろうと勝手に思い込んでしまい「いやいや、大丈夫です!」と去勢をはる……ではなく、虚勢をはる始末です。後々考えるとワケがわからないのですが、仕方ありません。

IMG

とはいえ、店員さんのアドバイスは正しいのです。実際、Lサイズのジュースはジュースホルダーにちっとも入りません。カップのサイズがホルダーより数センチ大きく、ひっかけることも、乗せることもできず、常にカップを持っておかねばならなくなりました。実に邪魔です。相方と二人でジュースをかわりばんこに持つ羽目になり、しかもLサイズですから、飲んでも飲んでもなくなりませんし、100円しか差がないのならMサイズのほうが絶対に良かったであろうという結末になるのです。

大は小を兼ねると言いますが、まぁそこそこでいいのです。無茶をしてはいけません。分相応が大切なのです。人生においての教訓を、こういう別にどうでもいいことで悟るのはどうかと思いました。

LINEで送る
Pocket

まだまだ虫歯がある

去年の天皇誕生日に歯の詰め物が取れて難儀したのがきっかけで歯医者さんに通うことになり、気がつけば3月になってしまいました。

今に至るまでにいろいろなことがありました。詰め物を新しくしました。親知らずを2本抜きました。前歯はコンポジット・レジンで修復しました。そして今日、抜いた親知らずの横の歯の治療でめでたく終了となるはずだったのに、その歯の横の歯まで虫歯であることが判明し、「次の治療で詰め物をはずして、徹底的に虫歯を取り除きます!」と宣言されました。その歯をよく見ると、健康な歯と比べて色が青くなってまして、不健康そうなたたずまいをしているのです。「中を見ないとわからないですが、おそらく虫歯だと思います。」と言われてしまった以上、もはや治療してもらうしかありません。歯だけは自分で治せませんからねぇ。

思えば3年以上、歯医者さんに行かず、アイスクリームばっかり食べていたのが原因でしょう。この際、徹底的に治して、そんでもってアイスクリームをバシバシ食べることにします。

歯みがき、頑張ります……

LINEで送る
Pocket

製薬会社の陰謀

図らずも製薬会社の陰謀を暴いてしまいました。

この胃腸薬、50錠入りです。そして、重要な点は一回あたりの使用量です。大人は3錠飲まなくてはいけません。勘の鋭い方はもうおわかりになられたかと思います。その通り、50は3で割り切れません。48が3の倍数ですので、2錠余る計算になります。

仕方がないので、もうひと瓶買うことになりますが、前の2錠を足して52錠は……3で割り切れませんね。各位の数の和が3の倍数であれば3で割り切れるという法則、なぜか忘れずに覚えていますが、こういう時ぐらいにしか役に立ちません。それはそうと、もうひと瓶買ったところで、1錠余るのですから手に負えません。

最低でも3瓶は買わないといけないことになります。1錠おまけして51錠入れておいてくれれば、気持ちよく飲み切る事ができるのに、なぜにこんな仕打ちをするのでしょう。味の素が販売促進のために穴を大きくしたという逸話がありますが、製薬会社も販売促進のため、わざと3の倍数ではなく50錠という切りが良さそうで実は悪どい数を使っているのかもしれません。

最後は2錠でいいやと思うことができれば、それはそれで製薬会社の陰謀に打ち勝ったことになるのでしょうが、果たしてそんな中途半端なことができますでしょうか……

LINEで送る
Pocket

なんだこりゃ?

画面が大きほうが良い。候補変換バリバリでお願いします。

IMG

文字入力が早ければ早いほうが良いのではないかとも思うのですが、どのくらい早くすれば良いのかはよくわかりません。ぺりぺりと入力を行っておきましょう。できれば、この上ない喜びを。おしまい。ですから脳ののの覆うしょうもない。

↑上の文章、MacBook AirのMarsEditの下書きに入っていたのですが、いつ、何のために書いた文章だか、さっぱり覚えていません。あまりに不思議なのと、なんとなく良い感じなので、アップしておきます。

LINEで送る
Pocket

大阪を活性化する3本の矢

この「負けいくさ」はひたすらぐだぐだとするのが目的なので、政治や経済のことなどは取り扱うつもりもなかったのですが、お正月にテレビで大阪の政財界トップ3による新春座談会が行われており、大阪をいかに活性化するかということを話されていたのですが、その内容が本当に大阪のことをちっともわかっていなくて、やむなく私がここで書くことにします。

IMG

その新春座談会で提唱されていた「大阪を活性化する3本の矢」が、インバウンド、インフラ、イノベーションでした。カタカナ英語ばっかりで、聞いた人は何にもわかりません。インバウンドとは観光客、要するに観光で外国人を大阪によんで経済を活性化させようという話ですが、中国の爆買いなんていつ終わるかわからんものに期待を寄せても仕方がないでしょう。そもそも観光に力を入れなければいけないのは人口がめちょんこ少ないけど、観光資源のたくさんある小さい国や地域で、大阪の人口を考えたら、まずは大阪に住んでいる人たちがお金を使うようにしていくべきなのです。次にインフラ。これはリニアモーターカーをさっさと大阪まで延伸するとか、高速道路を作るとか。こんなもんはしのごの言わずにがんがん作ればいいのです。わざわざインフラだ!と言わねば作らないってのがおかしい話。最後のイノベーションも企業なら投資をして、新しい技術を開発するのは当然でしょう。わざわざ、正月にトップ3が雁首揃えて何を今更、という話でしかありません。

もっと言うと、インバウンド、インフラ、イノベーションなんて、別に「大阪を活性化する3本の矢」と限定しなくても、「沖縄を活性化する3本の矢」でもよいし、「日本を活性化する3本の矢」でもよいのです。どこでも使えてしまいます。ちっとも個性がない。

では真の「大阪を活性化する3本の矢」とは何か。たこ焼き、串カツ、お笑い。この3本の矢で十分です。下手にかっこつけずに、ベタに大阪をアピールして、東京に負けないようにすればよいのです。

LINEで送る
Pocket

バブの正しい使い方

花王の入浴剤バブの正しい使い方をご存知でしょうか?

IMG

錠剤から出てくる泡を楽しむもんだと思っていたのですが、どうも違うようです。バブの裏面には「浴槽の湯(150〜200L)に、1錠溶かしきってから入浴してください。」と書かれてあるのです。

しかしながら、相方の取ったアンケートによると……

IMG

約7割の人が溶かしながら入浴しているのです。バブを作っている花王も、もうちょっと頑張ってバブは全部溶かしてから!と広めないと、これからも間違った使い方をする人ばっかりになりそうです。困ったことです。

LINEで送る
Pocket

お負けメール中止のお知らせ

この前、お負けメールのご案内を致しましたが……

IMG

いろいろございまして、今回は募集を中止することにしました。

実はいろいろもございませんでして、単に「集まらなかった」だけです。自分で自分にメールを書くのもどうかと思ったので、今回は中止することにしたのです。実にわかりやすい理由です。

そのうち、またふわりと募集を開始するかもしれませんが、その時はまたよろしくお願いします。

LINEで送る
Pocket

なか卯のいくら丼

なか卯のいくら丼です。天然のいくらです。

IMG

いくらの量も結構な量でして、実に美味しかったです。

そして、美味しいものを狙って食べに行くと、なぜか必ずといっていいほど、隣の席で「ぐわぐわ劇場」が始まるのです。「ぐわぐわ劇場」とは何?と思われるかもしれませんが、ぐわぐわするとしか言い表せない人たちによる、ぐわぐわとした会話だったり、行動だったり、要するに美味しいものに集中させてもらえないようなイベントが横で発生するわけです。

まあ、だいたいおっさんとおばさんの二人だったりするのです。そしてだいたい、おっさんの声がやけにドスの効いた図太い声で、いやでも会話が耳に入ってくるのです。今回も、そんなドスの効いた声のおっさんがおばさんに「おしおき♪おしおき♪」とか言って、そりゃあもう、ぐっちゃぐっちゃにいちゃいちゃしまくっているわけです。若い子がいちゃいちゃしているのならわからなくもないのですが、なか卯で、おっさんとおばさんが、ですよ。いくら丼は美味しいのですが、ちっとも集中できません。

昔は、そこそこお値段の張るお店に行くと「ぐわぐわ劇場」が始まっていたので、おハイソなお店では「ぐわぐわ劇場」に出くわすのだと思っていましたが、なぜか最近では、ガストやなか卯でも「ぐわぐわ劇場」が始まるので、気が抜けなくなってきています。困ったことです。

LINEで送る
Pocket

1 2