toggle

無印良品の短冊型メモ4コマ

無印良品で売っていた「短冊型メモ4コマ」です。以前、期間限定で販売されて話題になっていたモノが、今回は定番商品として復活したそうです。無印良品には4コマ漫画が描けるノートも売っていますが、ノートのほうはコマとコマの幅が広く、漫画の下書きには使えそうなものの、そのまま完成品として載せるのは微妙だなぁと思っていました。今回の短冊型メモはコマの大きさが実に良い感じで、そのまま完成品を描けます。実に素晴らしい。

IMG

話題一覧>ぐわぐわ団

こんな感じで気が向いたときに「ぐわぐわ団」という4コマ漫画を描いたりもしているので、今後活用していこうかと思っています。枠線を引くのが面倒で、ついついサボり気味だったので、この短冊型メモは大活躍しそうですね。

枠線を引くぐらい面倒なわけがあるかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、面倒なことが大嫌いで、外注に出して何とかなるなら、人生も外注に出してしまいたいと思うぐらいの人にとって、無印良品の「短冊型メモ4コマ」はオススメです。

LINEで送る
Pocket

アーカイブを日本語にする

「負けいくさ」の細かいところをいろいろと修正しています。負けいくさを書いている人の欄にこんな感じでTwitterのフォローボタンを設置してみたり。

その中で、右側にあるカテゴリーとアーカイブという表記をどうにかしたいと思っていたのですが、なかなかよい表現が見つかりません。カテゴリーはどうにかこうにか「話題一覧」という表記にしたのですが、アーカイブが実に難しいのです。

IMG

アーカイブ(archive/アーカイブファイル/書庫ファイル/arc)とは、保存記録、公文書、 公文書館、記録保管所、書庫などの意味を持つ英単語。一般的な意味は、将来に残すために保存された記録物や文書類、また、それらの保管設備・施設などのこと。

ね、難しいでしょ。なんとなくアーカイブと書いてはいるものの、日本語にするのが難しいのです。2015年8月(16)、2015年9月(44)、2015年10月(74)、こんなのがずらずらと並んでいるのを総称してアーカイブ。じっくり見れば見る程、ゲシュタルト崩壊を起こしてどうにもこうにもならなくなりますし、英和辞典を見ても、解決策は見つかりません。

相方に相談したところ、「月ごとのまとめじゃないの?」と一刀両断して頂きました。確かに「月ごとのまとめ」です。言われてみると、それしかありません。アーカイブという単語に引きずられていたので、見たまんまの表現を思いつくこともできず、頭が固くなったなぁと思ったわけです。

既成概念にとらわれず、見たものを素直に表現すればよいのです。なんだか、自己啓発本で喜んで取り上げそうな話ですが、別にそこまで話を広げるつもりは毛頭ございません。

アーカイブという表記に違和感を感じていた方、別に著作権やらなんやらを主張するつもりも毛頭ございませんので、ぜひ「月ごとのまとめ」をお使いください。

LINEで送る
Pocket

おゆうぎかいにきてください

相方が描いてくれたお遊戯会の告知イラスト。

IMG

おたのしみに☆

……で、おしまいというわけではありません。意識高い系の自己研鑽なビジネス書を読むと、このような告知の際には、5W1Hをはっきりさせる必要があると書かれています。「いつ(When)、どこで(Where)、 だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」これら6つの要素を伝えることで、必要な情報をわかりやすく、もれなく伝えることができるようになるのです。

この告知イラストには5W1Hが……全く網羅されていません。私の役が「いもがみさま」であること、おゆうぎかいには来て欲しいこと、たのしみにしてもらいたいこと、どれも5W1Hには当てはまらない情報ばかりです。しかし、5W1Hにこだわらないことで、集客に一番大切な「楽しそう」という情報を前面に押し出すことができます。

世の中の意識高い系なビジネスマンへの挑戦状として、このイベントを必ず成功させてみたいと思います。いもがみさまの役で……

LINEで送る
Pocket

タイトルロゴにちょっと言葉を添えてみる

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、タイトルロゴの下にちょっと言葉を添えてみました。

280424mki4

ついでにグーグルで「負けいくさ」と検索した時に出てくる文章もタイトルロゴの下の文章と同じにしてみました。現状はこんな感じになっていますが……

FullSizeRender

ホームディスクリプションとかいう、頼むから日本語にしてくださいと思ってしまうような部分を「ちんたらしてお茶をにごす日々をによんによんと書き連ねています。」から「なんとなくもんにょりと過ごしてお茶をにごす日々」と修正しました。一両日中には新しい文章に変更されるのではないかと思います。どちらにしても、何が言いたいのかは今ひとつ伝わらない、じんわりとする自己満足な表現ではあるのですが、新しいほうが、より「負けいくさ」っぽいのではないかと自負しております、負けだけに。

こういうキャッチフレーズ的な表現が、実に難しいんです。あんまりたくさん書いても読んでもらえないし、かと言って短ければ良いというわけでもなく、読み手に興味を引かせるような表現でないといけないというのが、何よりも難しいのです。今回の「なんとなくもんにょりと過ごしてお茶をにごす日々」ですが、「なんとなく」という曖昧模糊とした何とも宙ぶらりんな気の抜けた言葉を最初に用いて、このブログは由緒正しき意識高い系ブログではないとアピールし、「もんにょり」という広辞苑にも載っていないような言葉でよりぐわぐわした感じを引き出し、「お茶をにごす」というフレーズで、いい加減でその場しのぎの役には立たないブログであると暗にお伝えできればいいなと思っております。最後に「日々」と付けることで、実は毎日更新していますよというさりげない宣伝まで。

と、後付けで意味を考えてみました。そこそこ良くできていますが、上の説明はあくまでも後付けで、この文章を書きながら適当に考えただけです。実にいい加減なもんなのです。

こんなふうに、お茶をにごして、にごして、震えていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

LINEで送る
Pocket

絹の毛布をドラム式洗濯機で洗って乾かす

タイトルのまんまです。絹の毛布をドラム式洗濯機で洗って乾かしました。絹の毛布は本来ならばドライクリーニングで洗うしかないのですが、糸がびょんびょんほつれてるし、すでに減価償却は済んでいるぐらいに使い倒していたので、家のドラム式洗濯機で洗ったのです。

スベスベだった表地がタオルみたいな肌触りに変わりました。絹の持つ独特の光沢もきれいさっぱりなくなりましたが、洗濯したての気持ち良さでトレードオフって感じです。

絹の毛布をドラム式洗濯機で洗って乾かすの、オススメはできませんが、やってやれないことはないですし、為せば成るっぽいので、洗いたくて洗いたくて仕方がないという方であれば、タオルっぽくなりますが、できないことはないので、ご参考にしてください。

LINEで送る
Pocket

marginとpaddingの違い

負けいくさのデザイン変更でCSSをいろいろイジっていたのですが、余白の値を決めるmarginとpaddingがとにかくややこしいんです。「margin: 10px 20px 10px 30px;」なんて書いてあったら、なんのこっちゃと思わざるをえないわけです。

IMG

marginってのは英和辞典で調べると、余白とか欄外という意味です。基準となる線の外側にいくら余白を設定するか、というのがmarginなのです。デザイン業界の方であれば「版面」と「マージン」という言葉は当たり前のように使っておられるとは思いますが、文字情報や図版などを配置できる領域を「版面」といい、それ以外の領域を「マージン」と言います。外側の余白をマージンと言うのだと覚えておけば、marginとpadding、どっちが外側でどっちが内側だっけ?と悩むことは少なくなるのではないでしょうか。

paddingも、詰め物をするという意味はあるんですよ。要は、肩パッドという言葉と一緒です。基準線に対して内側に余白を設定するのがmarginなのですが、詰め物をするという意味を知っていると、とてもわかりやすくなります。

もう一つ知っておくと便利なのが、数字が4つ並んでいる時は12時、3時、6時、9時の時計回りだと覚えておきましょう。「padding: 10px 20px 10px 30px;」というのは、「基準線の上から内側に10ピクセルの余白を作ります、その次に基準線の右から内側に20ピクセルの余白を作ります、基準線の下から内側に10ピクセルの余白を作ります、最後に基準線の左から30ピクセルの余白を作ります」という意味になります。ぐるっと時計回りにほいほいと。

CSSの教科書もこのくらいに丁寧に説明してくれたらありがたいのですが、あんまりここまで説明してくれているところはないんですよ。というわけで、今回は自分用のメモとして、marginとpaddingの違いについて、書いておきました。

LINEで送る
Pocket

細かい変更点いろいろ

「負けいくさ」のデザインをちょこちょこ変更しています。

Mkiks280321

明朝体からブロック体への変更が一番の違いです。明朝体も綺麗で良いのですが、やっぱりブロック体のほうが良くない?と頭の中の別の私がささやいたのです。そんでもって、ブロック体に変更してみたところ、やっぱりwebだとゴシック体のほうがしっくりくるんじゃないかと思い直した次第です。理由はさっぱりわかりません。まぁ、感覚です。

他にも、背景画像を入れてみました。パソコンのブラウザで見ていただくとよくわかるかと思います。背景画像は簡単に変更できるので、知らないうちに変わっていることもあると思います。今のところは落ち着いた感じになっていますが、情熱的な負けいくさに変更することも可能になりました。

記事のタイトルの文字や位置、フォントの大きさ、色、細かいところに手を入れています。特に文字の色は今までよりも少しだけ明度を上げてみました。黒ではないんですよね、灰色になっています。ゴシック体にしたので、余計に色には気を使いました。

もともとはテーマを買ってきて、そのまま使っていたのですが、時間が経つにつれて気になるところが出てきたので、今回思い切ってstyle.cssを見直しました。とはいえ、中身は変わらずぐだぐだとした内容ですので、引き続きぼんわりとお楽しみいただければと思います。

LINEで送る
Pocket

Twitterのアイコンを色々と変えて遊んでます

こないだ紹介しました「負けヒナ」さん。

バランスを取るのが難しくなって、うつむき加減な「負けラブリー」さん。

先に髪から描いたので、これまたバランスを取るのが難しくなってしまった「負けあかね」。

基本はiPadのアプリでぐりぐり描いてます。クレヨンっぽいのが好きです。

LINEで送る
Pocket

負けヒナさん

Twitterのアイコンを突然『ときめきメモリアル』の真のアイドル、朝日奈夕子と勝手にコラボして遊んでいます。

これまたTwitterでつぶやいたことですが、iPadの”Procreate”を使って約30分程度のおしごと。こんなんでもレイヤー7枚使ってます。おふとんの中で、寝っころがりながら描いているのですよ。ぬくぬく。

LINEで送る
Pocket

2016年の年賀状

過去に年賀状の配達のバイトをしたことがあるせいか、年賀状を書くのは結構余裕をもってするほうなのです。大みそかになっても山のように届く年賀状を必死に仕分けをしていたのを今でも思い出します。私が郵便局でバイトをしていた当時は郵便番号が5桁の時代ですから、だいぶ変わっているんだろうなとは思いますが、最終的には手作業であることに変わりないかと。郵便局にお勤めの皆様、マイナンバー通知書を届けるだけでも大変だというのに、年賀状まであるので、さぞ大変かと思います。お疲れ様でございます。

IMG_1129

ちなみに、これは今年の年賀状。ひつじさんです。来年はおさるさんです。あんまり難しく考えず、ひょろんと描きました。まだ、年賀状はそこそこありますので、リクエストがありましたらお送りさせて頂きます。Twitter経由でご連絡頂きましたら、ご対応しますので、お気軽にどうぞです。

LINEで送る
Pocket

1 2 3 4